1. >
  2. 新聞代は高い?

新聞代は高い?

私の友人に、新聞代はもったいない、新聞代を払うなら好きな本を買いたい、という人がいます。

確かに、自分が興味のある情報が欲しいだけなら、1か月4000円弱というのは高いと感じるのかもしれません。

だけど、1日130円くらいであれだけのボリュームの活字情報が読めるのは新聞くらいじゃないかと思うのです。

そしてもうひとつ新聞の良いところは、自分の興味のない分野にも視野を拡げられる可能性があることです。

興味がないと思っていたことが、実は関心事と深くリンクしていることを知ることが出来るのも新聞ならではです。

これだけの可能性があるのにペットボトルのお茶1本分なんて、むしろお買い得すぎて大丈夫?とすら思います。

新聞の魅力は、情報の質の良さ。

新聞は就活をしていた頃に時事知識をつけるために読んでいましたが、最近はほとんど読まなくなりました。現在はインターネットでもニュースを見ることができますが、インターネットは情報がごちゃごちゃしており、書き手のストレス発散のために書かれたような批判記事、そして記事を批判するコメントもも多いため…疲れるのも事実です。

新聞ならシンプルに文字と写真だけですし、お金を払って購読する分、記事も正しいものが多いため、読んでいて混乱したり疲れないのが魅力だと思います。

新聞に対する印象

新聞には思っているよりもたくさんの情報が書かれていますよね。一人暮らしをしていたころはなかなか新聞を読む機会はなかったのですが、就職して実家に戻ってきたので新聞を目にする機会は学生の頃より増えたと思います。といっても毎日読んだりはしませんが。字が小さいのとかさばるのとで記事を読むのが大変だな、と私は感じています。スマートフォンのネットニュースで充分世間のことは知ることができると思うので、わざわざ新聞を見ることはあまりないです。

アナログからデジタルへ。

昔から新聞と言えば、番組欄もしくはスポーツ欄しか読んでいなかったように思います。

そんな自分でも毎日とある記事を見ていたのを覚えています。

酒鬼薔聖斗が起こした事件です。

犯人が自分と同い年ということに衝撃を受け、なぜこんかことを起こしたのか、ただそれを知りたくて事件の記事は中学生ながら見ていました。

その後も事件をモチーフにした小説や母親の手記まで買ったのを覚えています。

自分の中では相当な衝撃だったんだろうなと今でも思います。

実家にいた頃は新聞があることが当たり前でしたが、自分で家庭を持った今は取っていません。

一番の理由は金銭面です。それに今の時代携帯やスマートフォン、パソコンが当たり前のように一家に一台あります。それどころかスマートフォンに関すれば一人一台の時代です。

昔、新聞で得ていた情報は現代、スマートフォンで得られます、しかも新聞よりも簡単に好きな時間に。

ただ新聞とは違い、嘘の情報が多いのも確かです。便利になった反面、リスクもたくさん増えたと思います。

スマートフォンだと自分が知りたい情報だけ探して終わりですが、新聞では色んな情報を得ることが出来る。それが新聞にあってスマートフォンに無いものだと思います。

旬の時事ネタはもちろんですが、隅っこにひっそりと書かれているコラムなどくすっと笑えたり、ためになる雑学だったりと普段生活しているなかでは知り得ない情報も載っている、そういうのを探すのも楽しかったりしました。

デジタルな世界もいいですが、たまにはアナログな世界にふれ合うのもいいのかもしれません。