1. >
  2. ペーパーレスな時代

ペーパーレスな時代

実家でも新聞をとっていて、父が仰々しく朝食の時に読んでいたのを思い出します。

結婚してからも当然のように新聞はとっています。

日々、詳しく読むわけではありませんが、1面を見れば世の中でどんな事件が起こっていて、何が話題になっていてるのかが分かります。

時間がある時はゆっくり経済面も読んでいますが、忙しい毎日の中、1面をさっと見るだけの事も多くなりました。

最近気が付いたのは、朝早くにマンションの集合ポストに新聞を取りに行くのですが、入っているのは半分にも満たないくらいです。

ペーパーレスな時代になったのかなと思い知らせれています。

新聞よりネットで見てしまう事が多くなりました。

新聞を前は取っていましたが、仕事の関係であまり読む事はなく、ラインニュースやテレビのニュースだけになってしまったので、新聞を取るのをやめたました。

いろんな記事、編集後記なども見れますし、広告もありますが、今は広告のサイトがある為に、そのまま新聞の広告もあまり見なくなりました。

経済関連の新聞だと株やFXをやってる人にはいいかと思いますが、今はパソコンをお持ちならパソコンで見れますので新聞は取ってません。

お子様が小さいなら新聞は取った方が良いと思います。書道で使ったり、図工などで使用する場合もありますし、小さいうちから読ますのもいいと思います。

今の時代、スマホでニュースがみれますし、見逃したら無料のサイトで見れますし、毎月の料金も減りますので、人それぞれ考え方は違うと思いますが、私は料金の事や仕事で読めない時があるので無駄になっていましたので、新聞はやめました。

新聞はこれからもずっと大事な情報源

新聞は実家にいる時から家族を持った現在まで一人暮らしの期間も含めてずっと購読しています。

ニュースやあらゆる情報はネットで得ることができるようになりましたが毎日、新聞を読むのが楽しみなのです。

あまり政治には関心がないのですが新聞にはいろいろな分野の情報が載っているので助かります。

新聞で興味を持ったことをネットで検索しさらに詳しく調べることもあり、私にとってはなくてはならない情報源です。

経済的に余裕はありませんが今後も新聞購読は続けると思います。

新聞の価値は、地域欄にあり!

 新聞を読むことが少なくなって、ふだんの大きなニュースはテレビやスマホで十分!と感じることが多い毎日ですが、実は毎日の生活に直結するような「地域の細かな情報」や「知っているあの人、あのお店のニュース」は、新聞の地域欄にしか載っていないことが多いことに気付きました。

 たしかにネットニュースは便利ですが、自分の生活とは関係ない遠い話のことばかり。

 そんな時に、地元のニュースを知るのに、やはり新聞は欠かせない、と思いなおしています。